カジノのセキュリティ

詐欺師がこそこそ逃げる前に取り押えるよう、現代のカジノは、先進技術の複雑な網を使用し、カジノのドアを入る前から、既に客を監視しています。カメラパッキング・ナンバープレート認識技術のおかげで、ガードマンがカジノ客の顔を見る前に、カメラは、カジノへ入ってきた車のナンバープレートの写真をとります。光学文字認識ソフトウェアは、ナンバープレートの文字と数字をテキストに変換し、好ましくない客や常連ギャンブル中毒客のナンバープレートに対して数字を比較します。ナンバープレートの検出された客がカジノから逃げる前に、ガードマンが瞬時に出動する仕組みになっています。カジノのドアに入る際に、客の顔はカメラでスキャンされます。大部分のカジノでは、高メガピクセルデジタルカメラに配置されたガードマンによって、好ましくない客を特定しますが、顔認証を採用し始め、カジノの監視を変える可能性を見せつつあります。バイオメトリックシステムの潜在的可能性については、賛否両論あります。顔認証の画像は、ほとんどの場合、天井または天井下に設置されたカメラから撮影されているため、客の頭上の角度から頭部しか写らず、さらに、大きなデータベースで検索するのに時間がかかるという欠点もあります。