カジノのテーブル上のセキュリティ

詐欺師が変装していても、極小システム「エンジェルアイ(Angel Eye)」のおかげで、まだバカラテーブルで確率はそのままです。アジア諸国でのカード切換問題に、歯止めをかけるように設計された、「エンジェルアイ(Angel Eye)」は、透明インクの各々のカードのバーコードに頼ります。バカラディーラーがカードを配り、ディーリング靴のセンサーは、配られるカードを追跡し、情報をコンピュータへ移します。テーブル上のカードが明らかになると、ディーラーは、靴のボタンを押し、コンピュータで審査されたハンドの結果が 示されます。テーブル上の結果がコンピュータのものに一致しなければ、ガードマンが待機します。チップ現金化ブースは、詐欺師に対する最終防御です。大半のカジノチップは、現在、その中心に極小のRFIDチップを含みます。これらのチップは、無線周波数(RFID)上で、独特の連続識別子を放送します。RFID読取器材テーブルサイド、チップ現金化ブースは、信号を検知するように調整されています。偽チップは検知され、カジノは現金化を拒否できます。クレジットでプレーヤーに貸与されたチップの追跡や、特定のテーブルのプレイデータの追跡目的でカジノはRFIDチップを使っています。